ついにその日が来てしまった。

香港と中国間の往来に隔離規制が撤廃されました!

年末に家族と友人と一緒にPEAKに行ってきました。100万ドルの夜景は健在でした。

1月8日から香港と中国間の往来について強制隔離措置が撤廃されました。日本のニュースでも取り上げられていたのでご存知の方も多いと思います。この規制撤廃は中国の方にとっては朗報でしょう。海外から帰国する際に以前は5日間の強瀬隔離と3日間の観察期間が必要でした。その規制がなくなったのです。帰国後は隔離無しで普通の生活に戻れるのです。

現時点での香港と中国間の往来について一日あたり50,000人です。さらにイミグレーションは落馬洲(MTR)、深圳湾(車)、中港城(フェリー)などを含む7ヶ所だそうです。羅湖駅は解放されていません。今朝の出勤時にみたMTRの行先案内板にも「落馬洲」の表示がありました。

とうとうこの日が来てしまいました。香港も中国同様に来週末21日から旧正月です。香港は中国よりも一足先に強制隔離は撤廃されています。レストランやバー、公共施設などへの立ち入りの際にワクチン証明などを提示する必要はありません。旧正月のお休み期間には一気に海外へ行く人達で大賑わいすることでしょう。怖いにはその反動です。休み明けには一気に感染者数は増加するでしょうね。今は感染しても政府の窓口に自己申告せずに風邪薬を飲んで自分で治るのを待つというケースが増えているようです。現に私の知り合いにもRATで陽性反応がでて自宅で治るのを待っていたとう人もいます。街中の風邪薬は品薄状態が続いています。

いつまでも海外との往来を規制しているわけにもいかないのは明らかですし、いつ解放するのか時期の問題だけだった訳ですし、それが今なんでしょうね。受け入れるしかないようです。個人的にはもう少し大陸の方々が居ない香港でいてほしかったと思うのです。

0+3

香港入境者の強制隔離措置が撤廃されました。

すでにご存じの方も多いと思いますが、9月26日、香港政府は海外からの入境者に対するホテルでの強制隔離措置を撤廃して3日間の医学観察期間とすることを発表して午前6時から即実施しました。香港に到着した日を「0日目」として3日間の医学観察期間中は外出も可能ですが公共施設やレストラン、バー、スポーツ施設などへの立ち入りは出来ません。また搭乗前72時間以内のPCR検査による陰性証明は不要になる代わりに24時間以内のRATによる簡易検査の結果を政府のシステムに登録する必要があります。香港空港に到着後はPCR検査の受診は必須ですが結果を待たずにすぐに帰宅することが可能になります。検査結果は後日、登録したスマホに届く仕組みでしょう。観察期間が過ぎても定期的に市街地にあるコミュニティーセンターで定期的にPCR検査を受ける必要があるそうです。ですが、実質的に隔離なく入境後にすぐに公共機関を使って自宅に帰れることで以前よりも断然日本との往来が楽になりますね。近々、日本行きます 🙂

ゼロコロナの政策転換を提言!

香港はウィズコロナ政策を加速中です。

先週ネットニュースで見たんですがWHOが中国に対してゼロコロナ政策をいい加減やめたらと提言したそうですね。きっと振り上げた拳を下ろしそこなった中国に対してメンツを持たせた形でゼロコロナ政策を転換させてあげようとペドロスさんが人肌脱いだんだろなと勝手に想像してしまいました。きっと中国もこのままゼロコロナを続けても効果ないだろうし国民の不満もピークにきている。でもゼロコロナを貫徹すると言った手前どうにもできずに困って、ちょっとペドロスさんに世界に向けて「提案したよ」って筋道つけてくんねぇ?って裏で話ししたんじゃないかと思ってしまった訳です。

深圳入境について

ところで香港からの中国への移動についてですが、以前として深圳へはビザ所有者しか入境できません。それもネットで申込みして受理された600人程度です。入境希望日の一週間前にネットで申請するそうですが受付開始時間になると一瞬で満員になるそうです。すごいですね!そうまでして行きたいんですかね?中国にッと思ってしまいますが、行かなきゃいけないんでしょうね。運よく申請が通って中国入りしても待っているのは2週間のホテル隔離です。希望は聞き入れられず政府に割り振られたホテルで缶詰だそうです。聞くことろによるとイミグレを過ぎるとバスに乗せられて順番に止まるホテルに「はい、君はここね」と指示されてバスから降ろされるそうです。2週間過ぎるとホテルからは解放されますが一週間は観察期間として公共機関や人が多く集まるところには行かないようにと指示を受けるそうです。ちなみに中国から香港へ戻る際には強制隔離はありません。

毎朝出勤前に検査しています。はい、今日も陰性なり!

Getting back to normal in Hong Kong

香港政府、大幅な規制緩和を実施です。

昨日、5日からグランドやトラックでマスクをつけなくてもよくなりました!少しづつですが2年以上前の普通の生活へと近づいているように感じています。レストランでの一度にテーブルにつける人数も4人から8人へと緩和されますし、営業時間も10時から12時まで延長されます。さらにバー、カラオケ、サウナ、麻雀店も営業できるようになりました。そこで気になるのは上海のロックダウンですね。日本のニュースでは中国政府の厳しい取り締まりを強調するかのように市民の怒り心頭の様子が頻繁に流れていたりしていますね。でも、実際のところはそうでもなさそうです。特に日本人が住んでいるマンションでは中庭にでてのんびりと大義名分がたつ長期休暇を過ごしていたりしていると直接聞いたりしています。私は特に中国政府の肩を持つわけではありませんが、ロックダウンは上海全土ではなく一部の地域に限られていますし食糧だって普通に入手できると聞いています。報道を見聞きするときはまずホンマぁ~?と疑ってみる事が大切だと思っています。
明日から香港は3連休です。規制が緩和されたこともあってさらに街中の人出は増えるでしょうね。一時的に新規感染者は増えるでしょうが、この波を繰り返すことで落ち着いていくんでしょうね。マスク無し生活もすぐそこまで来ているように感じています 🙂

香港は今日から規制緩和

レストラン等での同時会食は4人まで可能になりました。

中国のゼロコロナ政策とは違って、香港では経済と感染対策の両立を進めてきました。香港政府は、昨年12頃から急増したオミクロン株の感染対策規制を今日から少し緩和しました。まず、レストランなどでの食事については同じテーブルに4人まで(規制緩和前は2人まで)として、営業時間も22時まで可能になりました。ただし、バーやカラオケ等は引き続き閉鎖状態が維持されます。

さらにスポーツグランド等を含む公共施設が条件付きで使用可能になりました。グランドについては同時に入れる人数は33人まででマスクの常時着用が求められます。さらに学校についても対面授業が19日から再開されました。登校前にRAT検査が義務づけられています。すでの一部の学校では数人の陽性者が確認されているようです。

新規感染者については、3月頃は数千人単位で確認されていたのですが昨日の新規感染者数は688人とだいぶ少なくなってきています。街中では当然、マスク着用は必須ですが多くの人が出歩いています。だいぶ普通に戻っている印象です。実際、レストランの売上は近いうちに7割程度までに復活するだろうとの見方もあるそうです。

週末になると西洋人で多く賑わっているここランカイフォンも昼間はまだご覧の通りです。バーレストランの営業が許可されるまでは仕方ないですね。

出勤前に検査してね!

会社でも検査キットが配布されました。

今朝、オフィスに出勤すると総務のお姉ちゃんが大きな箱を抱えて私の机までやってきてニコニコしながら小さな箱を差し出しました。
「あっ検査キットか」
「そうそう」


基本的に今はテレワーク中なんですが50%の割合で出勤するように指示を受けています。お姉ちゃん曰く
「取り合えず今日の分として今、検査して結果を教えて」
「はいはい」
そう言ってきっとを3箱くれました。
「あとの2つは来週の出勤分ね、事前に検査してから来てね」とのことでした。
「再来週の分は来週あげるわ」と言って去っていきました。

陰性でしたぁ 🙂 こうして検査結果をアップしなくなった時は、陽性判定とご理解くださいね (><)

香港政府から検査キット届きました!

全世帯を対象に抗原検査を実施です!

一昨日、マンションのコンシェルジュで受け取った抗原検査キットです。内容は抗原検査キットが20セットにマスクが20セット、それから得体の知れない中国製の解熱薬が二箱です。熱が出ても絶対に服用することはないですね 🙂 基本的に3人家族で1週間分を想定しているようです。検査するかどうかは任意です。当然、検査結果を政府に報告する義務はありません。

こちらが検査キットです。鼻拭い方式です。

で、早速検査をしてみました。鼻拭い方式です。専用の綿棒を使って自分で鼻の奥の粘膜を拭き取って試薬に入れて検査するタイプで日本でも市販されているタイプと同じですね。説明書には判定結果が出るまで15分待つようにとの指示がありましがキットに4滴を垂らすとすぐに赤いラインが一本現れました。はい「陰性」です 🙂

最近の香港はすでに感染者の波がピークを過ぎたようで厳しい規制は継続されてはいますが街中は結構な人出です。チャーちゃん店にも多くの人が戻ってきててランチ時は間仕切りの向こうとこっちで大きな声で会話をしている様子が見受けられます。次の感染者の大きな波がきっと来るでしょうね 😭

2ヵ月ぶりのオフィス

テレワーク中に出勤してみた!

午前中に隔離期間明けのPCR検査を受けに行ってきました。実は昨日、香港政府の健康管理部署から電話がきて隔離明けのPCR検査は受けたかと聞かれて、いや受けてないというとすぐに受診しろとのこと!受けないとペナルティだぞと脅されて受診しなきゃいけないとか聞いてないと反論すると香港空港で渡した書類に書いてある。読んでないのか?と説明されて「はい、明日受信するわ」と説明したのでした。それにしてもしっかり管理しているんだなぁという印象です。結果はスマホに明日にでも届くでしょう。

午後からは約2カ月ぶり(実際は一ヵ月と20日程度)にオフィスに行ってみることにしました。新規感染者の急増で香港の企業はテレワーク(香港ではWFH: Work From Homeと表現します)体制です。いつも最寄り駅からは約12~13分程度をのんびりと歩いて出勤します。天気は快晴、お散歩日和です。湿気もなくてとても気持ちのいい気候でした。途中人通りもなくなったのでマスクを外して新鮮な空気を胸いっぱいに吸い込んでリフレッシュ出来ました。

左手に見えるビルの裏側が私が通っているオフィスです。この辺りは緑もお多くあってとってものんびりした地区です。

オフィスに着くと経理部門のスタッフだけが出勤していました。年度末ですし大変そうです。お疲れ様です。「らくらく明細」を導入すればいいのにと思ってしまいました 🙂

Work From Home at Home

今日は自宅でテレワーク

おはようございます。先週末26日に隔離生活を無事に勤め上げて自宅に帰ってきました。2月9日に家を出て約1ヶ月半ぶりです。過ぎてしまうとあっという間ですね。ところで香港の新規感染者数は先週末の土曜日には1万人を切って8841人だったそうです。ピークアウトの傾向が見え始めてきたようです。入境時の隔離期間も1週間+自宅での経過観察と緩和されました。その間、定期的なPCR検査が必要ですが期間が7日に短縮されたことで今後、渡航するひとは増えるでしょうね。6月頃にはまた日本へ行こうと考えています。それに向けて今から準備を進めていくつもりです。

大好きなIPAビールです。早く飲みに行きたいなぁ〜

抗原簡易検査キット

上にも書いたように香港内ではピークアウトしたような状況ではありますがまだまだ多くの市中感染のリスクがあります。なので、買っちゃいました。抗原 検査キット!香港にある日系スーパーでHKD72ドルでした。今のところ発熱や喉の痛みもなくいたって健康体ではありますが興味半分、実益半分です。

The last day of quarantine.

14日間の強制隔離の最終日は曇り時々雨

無事に最終日を迎えることができましたぁ〜今日の深夜11時59分で隔離は終了です。昨夜9時過ぎにフロントから電話があって「明日のチェックアウトは何時?」と問い合わせがありました。前回の隔離のときは11時59分ジャストに部屋をでて速攻で家に帰ったのですが、今回は深夜に家に帰るのはやめて明日の朝にチェックアウトすることにしました。フロントにそう伝えると何時頃?とさらに聞いてくるので起きてからだねと言うと、じゃ9時?と聞き返してきた。いやいや、ゆっくりしたいから11時かなと言うと、もっと早くしてくれと言う。結局10時チェックアウトで合意したのでした。どうも部屋をすぐに次の隔離客のためにメイクルームしたいらしい。さらに12時過ぎたら表のセブンイレブンに買い物行ってもいいかなと聞くと「NO」とのこと。なんで?隔離期間は11時59分まででしょうというと「政府の隔離方針で一度部屋を出たら戻ることは許されない」とのことでした。はぁ〜仕方ないです。

読書の初春 第3弾

恋する検事はわきまえない 直島 翔著

この本も楽しく読ませて頂きました。小説家って昔からとっても興味があるんです。だって、自分の頭で考えたアイディアやストーリーを文字にして当たれば大儲けですよね。少ないコストで大きな成果!魅力的ですよね。そんなに簡単じゃないんでしょうね。

この14日間でストレスもなくリフレッシュ出来ました。新しいビジネスのアイディアも頭に出来たのでここを出たら行動して行こうと思っています。引き続き宜しくお願いします。