NAGASAKI

Charles W. Sweeney

1945年8月9日午前11時2分 アメリカ軍のシルバープレート作戦が実行された。B29 ボックスカー(Bockscar)に搭載された原子爆弾ファットマン(Fat man)が長崎上空から投下された。大きなきのこ雲が立ち上がったの遠く熊本天草からも見えたと亡くなった母に聞いたことがある。「あらぁ~なんやろかね」と当時、中学生になったばかりの母はそう思いながら見たこともない異様な形の雲を眺めていたそうだ。一瞬にして7万人以上の死亡者、7万以上の負傷者を出した(1945年12月末の集計)原子爆弾ファットマンを投下した機体B29 ボックスカーの機長がチャールズ・スウィーニー少佐(1919年12月7日 – 2004年7月15日)だ。

Charles W. Sweeney 27 Dec 1919 – 15 July 2004
B29 Bockscar

ファットマンによる死亡者は1945年以上も増え続け77年も経った今でも二世、三世とその後遺症が続いていると聞く。実は私もチャールズ・スウィーニーという名前は聞いたことがなかった。8月9日という私にとって少しだけではあるが特別な日を迎えてネットで関連記事を眺めているうちに目に留まっただけだ。ウィキペディアによると彼は原爆投下によって世界大戦を終わらせることができたとうアメリカ軍の投下の正当性を支持する証言をしていたそうだ。彼の心の内をしる術はあるはずはないが私は彼は表面的にはアメリカ軍人として胸を張ってその正当性を主張せざるを得ない状況のなかで内心、とてつもない後悔と懺悔の気持ちに責められていたのではないかと思っている。何故なら彼は1960年代にローマ法王ヨハネ23世に謁見した際に被爆地長崎を支援してくれるように頼んだと家族が証言しているそうだ。長崎県生まれの私が彼のことをこうしてブログへ書いていることなど天国からは知る由もないだろう。ただ彼の真の心のうちは世界中の人々に伝わってほしいと願う。決して戦争はしてはいけないんだと、永遠に!

SIMPLY SHOPPING FEST

7月29日~8月1日(結果報告)

HKTDC(Hong Kong Trade Development Council)主催の SIMPY SHOPPING FEST(7月29日~8月4日)に出展してきました。弊社からは着物をアップサイクルして制作されたアパレル商品と鹿児島、大分の焼酎を展示即売しました。会場は香港最大の湾仔コンベンションセンター、同時に「アニコム&ゲーム香港」、ジュエリー、食品に関する展示会も同時開催されておりとても賑やかで大規模な展示会です。10時30分開催の前から湾仔駅や會展駅はコスプレで着飾った若者たちで溢れかえっていました。大きな変化の真っ最中にも拘わらず香港の若者のパワーを感じました。


サンテック香港としては本格的な展示会への出展は初めてです。値決め、商品の搬入、陳列、客対応、ランチなどなど何をどのように準備していけばいいのか手探り状態でした。初日、2日目と過ぎるうちに要領を得てチラシを手にブースの前を過ぎる来場者に対して声をかけて会話をして「焼酎を売る」ことが出来ました。商品を買ってもらうと嬉しいものですね。とても気持ちがよくなりました。残念だったのは焼酎以外の商品が一切売れなかったことです。商品の良さは認めてくれるのですが高額なため手が出ないといった印象でした。再考する必要ありです。


それでも香港というところは今、大きな変化の途中ではありますがそれでも依然として可能性をかんじさせてくれる場所だと改めて実感しました。私はもう少し香港に居るつもりです。これから焼酎と着物のアップサイクル商品の販売を強化していきますよ!是非、DMでお問合せください。宜しくお願い致します。

大分麦焼酎 銀座のすずめ!焼酎ですがウィスキーみたいな香りとコクが特徴です。

Discovery Bay Golf Club

久しぶりのラウンドは、116点なり

最後にラウンドしたのはいつのことだろうか?正確には思い出せない。きっとコロナの規制がかかる前の2019年の秋ごろにお客さんに誘われてプライベートで行った Kau Sai Chau public golf courseではなかろうか?それ以降、クラブセットは部屋の奥の奥にしまい込んでグリップを確認することもなく2年近くが過ぎたことになる。にしては、116点という結果は自分的にはなかなかの結果と言ってもいいのではないかと?とは思っていない。実はラウンドの2日前に会社をこっそり休んで一人練習に行っていたのだった。打ち始めこそダフリやスライスが出てはいたが練習時間の終わり際にはなかなかのボールが出始めていたのだった。「ムフフ、これなら100キレるかも」内心そうほくそ笑んだのだった。お客さんには念のため120叩くと思います。ご迷惑をおかけしますが宜しくお願いしますと言った手前、100をきってよもやの80台なんてスコアであがったときのエキスキューズまで考えなきゃと思い出していたくらいだ。なんともまぁ我ながらおめでたい性格かと可笑しくなる。


今回お客さんにご一緒させて頂いたコースは香港の西の端の島にある Discovery Bay golf club だ。過去に2回ほどラウンドした経験はある。香港内にはその土地柄とうか面積が狭い分そんなに多くのコースはないと聞いたことがある。で、結果は out 55、in 61で116点。惜しむらくは事前練習でこれだけは確実にやろうと決めた飛球線に対して必ず平行に立つというたった一つのことが出来なかったことだ。しかもラウンド後に冷静になってミスの原因を頭で解析して導き出した答えがこの平行に立つことが出来ていなかったということだ。すべてのミス、いい当たりしたのに右の林一直線に飛んでいく、煽ったボールが力なくスライスして白杭を超えていく。ゴルフを始めたころに経験するようにボールの手前を深く掘ってしまうようにダフリ等々、すべてがアドレスを正しくセットできていなかったことで納得できた。今年は少し気持ちを入れて練習しようと思っておりまする。

奥に見えるのはTsim Sha Tsuiのビル群です。景色最高、また行きたいなぁ~


それにしてもキャメロン・スミスのinに入ってからの5連続バーディはすごかったですね。15番(だったかな?)ながいパーパットを決めた時は深夜に一人でビールを飲みながら観ててしびれました。マキロイは好きなゴルファーの一人なんですが最後まで流れをものにできなかったですね。まぁ33歳で全米プロは2回、全英も勝ってるし今年は仕方無しですね。来年のオーガスタがターゲットかな?楽しみです。

香港の暑い夏が帰ってきました!

34.8℃

小雨続きでジメっとした展開から一転、いつもの暑い香港の夏がやってきました。歩くたびにマスクを通して吸い込む空気までもが暑く感じます。幸いなのは今日はさほど湿気を感じません。おかげで出勤途中の景色もどことなくクリアに透き通って見えます。実は私はこのめっちゃ暑い、歩くとだけで汗が噴き出す香港の夏は嫌いじゃなくてどちらかと言うと好きなんです。走り出したくなるくらいです。今朝の出勤途中では水前寺清子の365歩のマーチを歌いながら大きく腕を振って歩いて来ました(古ッ)


何かいいことは始まりそうな予感がしています。来月には初めての試みの「SHOPPING FEST」への出店です。他にもやりたくてウズウズしているビジネスのアイディアがあって楽しみです。本業のEMS案件もうまくいくといいなぁ~と願っています。カメラモジュールの案件も期待しています。 何でもやってみようサンテック香港、頑張りマンモス 🙂

サンテック香港 eコマース対応します!

Apple pay、Octopus、Alipay、VISA、Master、AMEX etc

4月末にネットで申込をしたクレジットカードでの支払いを受けるためのカードリーダーがやっと届きました。1カ月半での取得です。申し込みをしてからありとあらゆる書類の提出を求められました。途中、もういいやって投げだしそうになりましがそおは「グッ」と忍の一字で耐え続けました。先の投稿でお知らせしましたが7月末に計画しているSHOPPING FESTでは少し高額な商品を出展します。一番高額な商品はHKD20,000(約JPY340,000円)程度です。そうなると現金での支払いよりもクレジットカードでの支払いがないと商売にならないだろうと思って申請したんです。何とか申請が通ってよかったです。現時点ではサンテック香港としてはショップは持っていないので展示会での販売用としてカードリーダーが必要なんだと理解してもらうのの苦労しました(汗


ところでちょっと触ってみました。自分のクレジットカードで10ドルの処理をしてみました。HKD10を入力してOKをタップしてクレジットカードを端末の先のワイヤレスセンサーにタッチしてまっていると「ピッ」と音がして同時に画面に取引き内容が表示されてPRINTをタップすると、ジーーーと細長いロール紙に画面の内容が印刷されて出てきました。やった~ 🙂

この処理以外にもいろいろな処理を勉強しなきゃいけないようです。チップを支払いしてくれる方への対応、金額を間違えて処理した場合の処理、クレジットカード以外の支払い例えばAlipay、Octopus、EPS、WeChat pay、Payme、FPS、SAMSON Pay、Google pay、Diners Club、など対応しているようです。頑張って勉強しまぁす 🙂

SIMPLY SHOPPING FEST 2022

29/July-01/Augst @HK Convention & Exhibition Center in WanChai

「なんでもやってみようサンテック香港」ということで7月末に香港貿易局主催の「SIMPLY SHOPPING FEST」に出展させて頂きます。日本のきもの生地を使って手作りで仕上げたバックやアクセサリーの小物からコートやスカーフなどを展示即売する予定です。目玉はきもの生地の「スカジャン」です。すでにサンプルも完成済みで追加発注分も来週には完成予定です。

  • Event: SIMPLY SHOPPING FEST
  • Date: 29/July~1st/Augst
  • Venue: Convention & Exhibition Center at WanChai
  • Booth: 5G-F10

ショップさんを探しています!

今回の出店目的は、香港でこのきもの生地をつかった商品を取り扱って頂けるショップさんを発掘することです。セレクトショップさんからのお声掛けをお待ちしております。当日のブースでは「DAIYAME」や「銀座の雀」いう鹿児島の焼酎も展示予定です。残念ながら今回は会場での飲食は出来ません。買って帰っておうちでゆっくりお愉しみくださいね 🙂

日本語は難しい!

「心からお詫び申し上げます」って変でしょ!

日本語ってホント難しいですよね。日本語を勉強している外国人に対してじゃなくて日本人に対してです。たった一語で意味が変わってしまったりするね。つい先ほどもお知り合いの取引先にメッセンジャーで面会のお願いをしたんです。

私:ご無沙汰しててすみません。来週ご都合如何でしょうか?
取引先::大丈夫ですが
私:来週、月曜日は?
取引先:大丈夫です

先方からは、「大丈夫ですが」と「大丈夫です」との返事でした。「が」あるか無いかで意味合いが少し変わってますよね。

最近特にテレビで見聞きするフレーズで変だなと思っているのは「心からお詫び申し上げます」です。昨日も三菱電機の社長さんが記者会見で深々と頭をさげて心からお詫び申しあげますと言ってました。今日もYahooニュースに吉野家の社長のコメントが載ってたのですが同じように「心からお詫び申し上げます」でした。役員が大学のセミナーでとんでもない事を言い放ったことへの株主総会でのコメントです。一見、丁寧なお詫びに聞こえるですが、私このフレーズを聞くととっても違和感を覚えます。何故かと言うと「心からお詫び・・・」って変でしょ?
本来、「心から」という表現は慶びを表すときに用いられる表現だと教えてもらいました。「心からお祝い申しあげます」といった具合です。お詫びするときは「深くお詫び申し上げます」です。このフレーズを頭を深々とさげて言ってる人の言葉は信用しない僕です 🙂

会社の風土と文化

入社して先輩社員に教えてもらったこと

入社後2,3年した頃だったかな、就業時間を過ぎた7時頃から始まる会議で先輩から質問されたこがある。今から30数年以上前の話しだ。当時は普通に就業時間を過ぎても会議が行われていた。しかも遅くまで居残って残業をしているものが出世するくらいの雰囲気もあったのだった。そんな環境に僕は当然ながら中途半端に反発したものだ。会議をやるとの通知に対してなぜ就業時間を過ぎているのに拘束されるんだ。参加は必須ですか?といいった雰囲気を力いっぱいに醸し出してふてくされて出席していたものだ。
会議の中の雑談で先輩社員から会社の風土と文化の違いって分かるか?と質問された。「えぇ~っと、なんとなく概要というかイメージではわかるような気がします」と答えたと思う。すると先輩から、風土とは雰囲気みたいなもので形はないんだ。その会社が周りから「こんな会社なんだろうな」とかいう感想だよ。実態はないけどね。当然、社員が感じている雰囲気的なものも風土といえるかもね、といった説明だったと思う。そして文化とは、ほとんどの社員が同じ行動をするといった具体的な内容がその会社に根付いたものを文化というんだ。との事だった。ふぅーんと的を得ない顔をしている僕に先輩が続けた。「社員がいつも始業時間の30分前に出社しているとか」、お客様に必ず大きな声で挨拶をしてくれるとか、落ちているごみを見つけたらすぐに誰もが拾う文化が根付いているとかってね、と説明してくれたことを思い出した。いい文化はなかなか根付かないものだ。


もうひとつ、先輩から聞かれたことがある。「営業マンの仕事ってなんだ?」、お客様のところへ行って商品を説明したり、市場情報を分析して将来の可能性を見極めたりとカッコいいことをツラツラと応えていると、あはは、「違うよ」、お前は営業マンの仕事をまったく理解していないなと言われた。同じように「ポカン」としている僕に「営業マンの仕事というのは、「『物を売ることだよ』、アホだなぁとの答えだった。さらに先輩は続けた「じゃ会社にとっていい営業マンってどういう営業マンだと思う?」、「えぇ~いい営業マンですか?」・・・先輩曰く「商品を一円でも高く売ってくれる営業マンが一番いい営業マンなんだよ。忘れんなよ」 大好きな先輩だったなぁ~今、どうしているんだろう?

海外EMSへの円安の影響は?

日本国内向け製品と海外向け製品、どっちが多い?

ぶっちゃけな話、今のところ円安で大きく方針転換しようとしているお客様は見受けられませんね。先ほどVTechの日系企業向けの生産を担当している責任者と話ししました。彼は今後日本からの委託生産の依頼が減少することを深刻に心配していました。けど、私が数社のお客さんにお聞きしたところ確かに仕入れ時の原価はアップするが海外へ出荷する際に「トントン」になるので今今時点では生産の軸足を日本に戻すことは考えていないとのご判断でした。確かに今回の円安が顕著になったのは4月頃からですし今すぐに方針をどうのこうの判断するのは拙速ですね。


私個人的にはこのまま円安がずっと続いてほしいなと思っています。何故かと言うと私の給料は香港ドルベースだからです。先日、日本企業の駐在員と飲んだときに聞いたのですが彼の給与は日本円を基準にした香港ドル換算で支給されているそうです。めっちゃ減ってしまってるって泣いてました。今日のレートで1HKD=JPY16.38です。ちなみに2021年5月時点では1HKD=JPY14.04円でした。日本円の価値が16.7%も下がってるんですね。単純換算で、去年は\10,000円を香港ドルに両替すると約HKD712もらえたのに、今はHKD610程度しかもらえないという事ですね。そりゃ泣くわ(><)・・・円安と香港ドルのお話でしたぁ 🙂

ゼロコロナの政策転換を提言!

香港はウィズコロナ政策を加速中です。

先週ネットニュースで見たんですがWHOが中国に対してゼロコロナ政策をいい加減やめたらと提言したそうですね。きっと振り上げた拳を下ろしそこなった中国に対してメンツを持たせた形でゼロコロナ政策を転換させてあげようとペドロスさんが人肌脱いだんだろなと勝手に想像してしまいました。きっと中国もこのままゼロコロナを続けても効果ないだろうし国民の不満もピークにきている。でもゼロコロナを貫徹すると言った手前どうにもできずに困って、ちょっとペドロスさんに世界に向けて「提案したよ」って筋道つけてくんねぇ?って裏で話ししたんじゃないかと思ってしまった訳です。

深圳入境について

ところで香港からの中国への移動についてですが、以前として深圳へはビザ所有者しか入境できません。それもネットで申込みして受理された600人程度です。入境希望日の一週間前にネットで申請するそうですが受付開始時間になると一瞬で満員になるそうです。すごいですね!そうまでして行きたいんですかね?中国にッと思ってしまいますが、行かなきゃいけないんでしょうね。運よく申請が通って中国入りしても待っているのは2週間のホテル隔離です。希望は聞き入れられず政府に割り振られたホテルで缶詰だそうです。聞くことろによるとイミグレを過ぎるとバスに乗せられて順番に止まるホテルに「はい、君はここね」と指示されてバスから降ろされるそうです。2週間過ぎるとホテルからは解放されますが一週間は観察期間として公共機関や人が多く集まるところには行かないようにと指示を受けるそうです。ちなみに中国から香港へ戻る際には強制隔離はありません。

毎朝出勤前に検査しています。はい、今日も陰性なり!